教師紹介

古賀 博(こが ひろし)牧師(主任担任教師) 

1960年生まれ。山口県下関市出身。
早稲田大学商学部を卒業の後、 東京神学大学(学部→修士課程)へ。
1990年から3年間、早稲田教会で伝道師・副牧師。
山口信愛教会(1993年~2006年)での奉仕を経て、
2006年より再び早稲田教会へ。
 
早稲田教会との出会いは、大学時代に近くの学生寮・
信愛学舎(早大YMCA寮)に暮らしたことに発しています。
 
国産の小説(手当たり次第)とプログレッシュブロック(特にGenesis)、
ラグビー観戦(特に早大ラグビー)・卓球(下手の横好き)が大好きで、
“牧師らしくない”と周囲の人々に言われながら(涙)、
それでもこれまで20年以上も教会での奉仕が許されて感謝です。
 
家族は、妻・娘(留学中)・息子(大1)の4人。
ネコの風太(フウタ)・音(オト)が同居しています。

『牧師とは何か』(教団出版局)の第3部 第2章 「牧師の生活」を執筆。
『聖書人物おもしろ図鑑』(旧約編・新約編/ 教団出版局 )を編集。
現在は『信徒の友』の編集実務委員を担当。

キリスト教放送局 日本(FEBC)の
「この地で牧師として生きる−今あるは、ただ神の恵み」 で放送された証
音声 FEBC放送での証

 

奥山京音(おくやま たかね)伝道師(担任教師) 

〈作成中〉